もうすね毛はボーボーでいいです日記

音楽・カルチャー好き母の育児日誌&雑談。好き勝手に書いてます。

Beatles for クルマー

少し前からセブンイレブンHot Wheelsの限定ビートルズミニカーが並んでいる。

 一緒に行った息子氏、当然「これなんのークルマー」と聞いてくるわけですが、ビートルズが好きな私はもう食い気味に早口で「ビビ、ビートルズだよっ」と興奮を隠しきれず答えるわけです。本当は喉から手が出るほど欲しいが、ただでさえミニカーが多い我が家なので、心を鬼にして買ってあげたいのを我慢。

 

私はRevolverとAbbey Roadが一番好きなのですが、息子に一番オススメなのはこの2枚に入ってる曲ではなくやっぱこれでしょう。 

 

歌詞の意味考えると子供向きでは無いのですが、'drive'と'car'という単語が入ってるので喜ぶかなーと思って聞かせたら、手をブンブンして喜んでいました。

 

ちなみに私が好きなのはYou Never Give Me Your Money、Octopus's Garden、Eleanor Rigby(←いっつもつづりがわからない)などです。

 

うちの父もビートルズが好きで、昔、Abbey Roadのカセットテープを車で流して、You Never Give Me Your Moneyがかかった時に、「これはね、お金くれないっていってんだぞ」と、歌詞を同時に訳しながら解説してくれたことを思い出します。今もやってくれるのかしら。孫の第まで受け継がれるビートルズ、そして息子に同じことをしている私。

 

そういやここまでの話からちょっとそれますが、こないだ音楽祭のようなものをやってるところをたまたま通りかかったら、ジョン・レノンの(Just Like)Starting Overをやっているところで、じっと聞き入ってしまいました。そしてちょっとあやうく泣きそうにもなってしまいました。たしかStarting Overはジョン・レノンは長期の育休から復帰してようやくアルバムをリリースして、そこからの一発目のシングルだったのですが、このシングルリリース後にジョンが撃たれたという話なので、ジョンの最後のシングルなんですよね。今自分が子供を持った立場で実際にこの曲を聞くと、ジョンはどんな気持ちで最後を迎えたのかとか色々想像してしまって、胸が苦しくなります。

 

そんなビートルズの話でした。