もうすね毛はボーボーでいいです日記

音楽・カルチャー好き母の育児日誌&雑談。好き勝手に書いてます。

スクールバスからの眺めの思い出

小学生の時にタイに住んでいたことは(1年〜6年)以前ちらっと書きましたが、スクールバスから見えていた風景が今でも思い出されるので、そのことについて。

 

バナナの花

って見たことありますか?赤紫で巨大で、なかなかおそろしい見た目なんですが、通学でバナナ畑の横を通るたび、バナナの花さがしをしていました。通り過ぎる間に何個見つかるか、と数えてました。

 

「実」さがし

タイなんで、いろんな果樹の木が植わっているのですが、マンゴーがなってるぞ、とかジャックフルーツがなってるぞ、とか、ヤシの木にヤシの実が何個なってるかとか見ていました。ちなみに、ジャックフルーツは、ドリアンよりももっと大きい、トゲトゲした実なんですが、これが落下してきて人に当たって、死者が出るなんていうおそろしい実。道を歩くときは、ジャックフルーツの木がないか、注意して見ながら歩いてました。

 

水牛さがし

学校近くの大きな道路沿いは、当時水田だらけで、水田を耕すための水牛がたまにいました。水牛がいるとちょっとうれしかった。あと、ガチョウみたいなのも一緒に飼っているうちかあった。

 

象を見るのはつらい

街中に見世物で連れてこられている象は、道路を歩いていましたが、当時から見るのがつらかった。せめて街中に連れてくるのはやめてほしい。

 

中華料理屋さんのおやっさん

北京ダックを吊るした中華料理さんのおやっさんは、いつも朝の通学時に、店の軒先にスツールを出して、ぶあつい瓶底眼鏡で新聞を読んでいた。

 

外車さがし

多くの日本人が住んでいるスクムビット通りは、日本でいう広尾みたいなところなので、外車が多い。なので「ロールスロイスを見かけたら今日はラッキー」などと自分なりのラッキーカーを決めて探していた。あと、車高の低いシトロエンもみつけるとラッキーであった。

 

と、短くてなんてことない話なんですが、たまに疲れるとぼんやり思い出しています。