もうすね毛はボーボーでいいです日記

音楽・カルチャー好き母の育児日誌&雑談。好き勝手に書いてます。

幼児1+猫2との防災

皆さまのお家は大丈夫でしたか。うちは近くの小さな川が氾濫し、隣町まで避難勧告が出て、一瞬たりとも防災通知が見逃せない状況でした。ゆるやかな坂の上のマンションなので大丈夫と思っていましたが、正直、まさかここまで危機が迫るとは思いませんでした。

 

我が家の防災意識は、幼児に加えて、猫二匹が居る為、意識せずにはいられない状況です。人間にかんしては大人はローリングストックの飲料水+保存水、保存食、多めの携帯用充電器などは常にあります。猫にかんしては一応、

こんな本を読んでおいたり、多めの猫砂、当面のキャットフードなんかを用意していますが、それでも警報が迫るにつれ、不安が募りました。万が一避難となった場合の避難所のペットの受け入れ体制。私の自治体ではしっかりしたガイドラインはできているのですが、実際被災した場合に私の地域の避難所が果たして本当に受け入れているのかという点が不安なので、落ち着いたら、役所に連絡を取って、聞いてみたいと思いました。あと、同じマンションのペットを飼っている人と、情報共有したいなとも感じました。昨晩、ペットと防災について調べていたら、ちょうど、ミグノンの友森さんも

【台風や災害の多い日本で】「ペットと避難」のために知っておきたいこと(友森 玲子) | FRaU

地域での情報共有について書いておられました。

 

そしていざ本当に逃げるとなった場合、荷物も大荷物となるので、運び方ももう一度見直そうと思いました。息子のオムツ+猫砂が一番かさばるので、

アイリスプラザ 台車 150kg ブルー

アイリスプラザ 台車 150kg ブルー

 

やはりこういう折りたたみ台車を買おうと思います。

こういう防災対策の提案をすると、夫はときにめんどくさそう(多分仕事で散々関わっているからだと思う)なので、台車は私が注文しようかな。ダースで飲み物買うときにも使えるし。

 

色々気が張って疲れたのですが、夫は出かけたいそうで、息子を連れて出かけました。私はちょっと休んでから、近くのスーパーに生鮮食品の入荷状況を見に行こうと思います。畑や工場も被災してるところが多いだろうし、これからどうなってしまうんだろう。そしてこんな状況じゃ、一次産業に就く人がますます減ってしまうのでは、と、ちょっと暗い気持ちになってしまいますが、母が暗いと家が暗くなってしまうからだめですね。