もうすね毛はボーボーでいいです日記

音楽・カルチャー好き母の雑談。好き勝手に書いてます。

子供の本

借りてきた本

今回は少なめの6冊。 左上から時計回りにご紹介。 ①はるまつり 作・絵 菊池日出夫 前回の日記に引き続き、民俗趣味の私チョイスのこの本。 お祭りの賑わい、山車の出る様子などが細かく描写されています。 どこのお祭りがモデルとなっているのかわかりません…

今借りている本

今週の埼玉はずっと天気が悪いようで。息子は長靴でお出かけできるので嬉しいと思いますが。 さて、今借りている本。 今回は長新太三冊。 ◎のぼっちゃう 作:八木田宜子 絵:太田大八 主人公のぼうやがおうちのそばにある木に登ってみるのですが、イマジネー…

今借りている本

先週の連休に入る前に借りてきた本です。 ・かえるがみえる さく:まつおかきょうこ え:馬場のぼる 11匹のねこの人!と思わず手に取ったこの本。「かえるがみえる」から始まり、全て、「かえるが○える」でお話が進んでゆく面白い話。後半になると「なえる(萎…

先日借りてきた本

もう少しでお正月の休暇なので、図書館で多めに本を借りてきました。 (すこしピンぼけ) ダットさんは二度目。こもりまことさんの本が大好きなようです。 ・つきよのおんがくかい/作:山下洋輔 絵:柚木沙弥郎 出ました山下洋輔!山下洋輔はジャズミュージ…

最近買った子供の本

以前、息子の偏食がひどいという話を書いたのですが、本などに出てくるものを出したりすると喜ぶので、できそうなものはやっていきたいなーと思ってます。これは前からうちにあるものですが、 くだもの (幼児絵本シリーズ) 作者: 平山和子 出版社/メーカー: …

息子2歳5ヶ月&モンテッソーリの事

この間の夜、テレビを付けたら、旅番組に松岡茉優さんが出ていまして、モンテッソーリの学校を訪問する様子が流れていました。なんと彼女もモンテッソーリ育ちなんだそうで、妙に納得してしまいました。マイペースな感じだもの。 モンテッソーリは、入学して…

台風にそなえて借りてきた本

週末は外に出られなさそうなので、図書館で本を借りてきました。 ・バルンくん&ダットさん/こもりまこと →以前も借りましたが、また読みたいとのことで再度。実在するヴィンテージカーが描かれており、作者のクルマ愛がひしひしと感じられるクルマー必読の本…

フリースタイル読み聞かせ

対象年齢関係なく、好きなもん読めばいいというスタイルで生活しているので、 ochahahoujicha.hatenablog.com (↑かつて、息子がチャンプロードを愛読していると書いた日記) 子に求められればなんでも読みます。 前に私の体調が悪くなって行った病院の待合…

2歳4ヶ月のトイレット事情

台風凄かったですね。 うちの夫は災害時に社内に情報を発信する係を担っているようで(昨日そんな仕事もしていることを初めて知った)、昨晩からずっとパソコンカタカタてんやわんやでした。 被害に遭われた方々が、早く日常を取り戻せますように。 タイトル…

起承転

夫が運転免許を取ったらドライビングシューズを買ってくれると言ってくれていて、さきほど、買ってもらいまして、早速それを履いて運転してきたのですが、快適以外の何物でもない!うひょうひょ。ほんとはクレイジーケンバンドの剣さんが履いてるような真っ…

長新太が気になる

本当は気になる、どころか、気になりすぎている長新太。 www.ehonnavi.net 長新太との出会いはおかあさんといっしょでやっていた「へんてこライオン」の超展開。ライオンが変形して、そして毎回、何も起こらず、終わる。「なんなの」っていう感情を残したま…

ベビーブック→めばえへ

0歳ぐらいからふろくが面白そうだとたまに買っていたベビーブック、めばえにステップアップ(?)してみました。 めばえ 2019年 08 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2019/07/01 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 「ふろくでかいてん…

かんがえる子ども

画家の安野光雅の「かんがえる子ども」を読みました。とても読みやすい本で、1時間ぐらいで読み終えてしまいました。共感したポイントについて書いてみたいと思います。 かんがえる子ども (福音館の単行本) 作者: 安野光雅 出版社/メーカー: 福音館書店 発売…

国際子ども図書館へ

絶好のお出かけ日和だったため、 国立国会図書館国際子ども図書館 へ行ってきました〜。 本が好きなファミリーにぜひともお薦めしたい場所です。 場所はこちら↓ 上野公園を北上し、東京芸大のすぐ向かいにあります。 0歳でデビューし、今回で3回目の訪問で…

親が読みやすい絵本

例のごとく参考にならないブックガイド。 連休中に夫に子供を見てもらい、茨城まで写真を撮りに行っていたのですが、 とある古書店で二冊、子供の本を買いました。 年少版こどものとも 11号 うちのじどうしゃ(1978年) 文:谷川俊太郎 絵:太田大八 ※「こ…

父ちゃんのシンガポールみやげ

おとうちゃんが帰ってきました。 息子へのおみやげは... 本です。 これは車に関する擬音が学べます。 イラストが50’sっぽくて、 柳原良平とか、ミロスラヴ・サセックを彷彿とさせます。なんてかわいい本。 船の本 (1968年) 作者: 柳原良平 出版社/メーカー: …

英語教育になやむ

ズンドコは関係ないですが、 先日の騒ぎ ochahahoujicha.hatenablog.com は、やはりスーパー母(スーパーあずさみたいな感覚で言ってる)が来て、 解決しました! すごいよ母!!! 2回来てくれたのですが、 ばあちゃん大好き息子、すっかり機嫌を直し、通…

1歳息子の愛読書

※以下、参考にならないブックガイド。 うちの教育方針は 「子供扱いしない」 なんですが、まあこの写真を御覧ください。 はいこれ。 ja.wikipedia.org といったかんじで、「オラつく」なんて言葉が存在するよりもはるか昔からある、 改造車の雑誌です。 私は…